水素水 ニセ科学

水素水はニセ科学?

水素水はニセ科学?

最近芸能人や有名選手ものんでいるということで、テレビや雑誌などで一躍話題の水素水ですが、いろいろな口コミや体験談なので、健康に効果があった口コミや、ダイエットの効果があった口コミも見かけます。
しかし、いざ、お試してみようと「水素水」でネット検索すると、水素水は効果なし、ニセ科学 などのキーワドもあり、本当に効果があるのか?ないのか?気になるところです。

 

本当は、「水素水」に効果がないのでしょうか?
どの水素水が一番、効果が高いのでしょうか?飲み方や注意点などに探っていきたいと思います

 

 

水素水とは?

水素水とは?

現在一般的に言われている水素水というものは、水の中に水素が多く含まれている水になります。
水はH2O、水素はH2になります。現在の研究で老化や病気の原因の元となるものは「活性酸素」と言われているものがあります。

 

この活性酸といわれるものは、体をサビ化してしまう。酸化さあせてしまうといわれています。
この酸化が老化や病気、アレルギーなど、万病の元といわれているのですが、なるべく酸化させない、酸化を元の状態にもどす(還元)ことが非常に予防医学として注目され、研究されています。

 

水素は、酸化したものを還元する力が非常に優れているので、水に水素を溶存させ体に取り込むことに注目されているわけです。
体に取り込んだ水素は、先にもお話したように、強い還元力があるので、体にある活性酸素と結びつき水になり、体の外へ排出されます。

 

水素水には、水素がどのくらい水の中に溶けているか?を表す単位でppb、ppmが使われます。1ppm=1000ppbになります。
ppmの数値がおおきければ大きいほど水の中に溶けだしている水素の量は多いものとなります。これを溶存水素濃度といます。

 

水素は宇宙一小さい

しかし、水素の分子は宇宙一小さいという特徴があるので、どんな容器に水素を入れても容器の外に逃げ出してしまいます。
そのため、販売されている水素水には、この溶存水素濃度の表示が無いものもあります。
この溶存水素濃度は、水素水を作る時に、圧力と温度によって変わります。圧力をかければかけるほど、水素は水の中に溶け込むので、溶存水素濃度は高い数値になります。

 

しかし、どんなに高圧で溶存水素濃度が高い水素水を作ったとしても、時間の経過によって、水素が抜けだしてしまい。ただの水になってしまいます。
販売会社によっては、作り置きしないで作ったらすぐ発送する仕組みと、どのくらい水素が持つのか期限を記入している会社もあります。

 

 

水素水の効果がニセ科学と言われる理由・3つ

 

目に見えない

水素は通常気体なので目に見えません。臭いや味も全くありませんので、本当に水素水に水素が含まれているのか?わかりにくいのです。
飲んでみても普通の水です。メーカーによっては名水100選の●○の水を使っている。等ありますが、確かに水道水よりはおいしいのですが、味・香りもないので、ミネラルウォーターと変わりありません。そのため、「普通の水だった」「何も変わらない」「あやしい」という口コミ・体験談も見られます。
しかも、水素水は、ふつうのミネラルウォーターよりも2倍以上値段が買いです。水素水メーカーの中には、溶存水素濃度の表示がなく、いざ測定してみると、水素が全くはいっていなかった水素水もあります。こういった悪質なメーカーが水素が全く入っていない水素水を販売している為、水素水全体が「インチキくさい」研究そのものも「インチキ」と思われてしまう場合があうようです。
そのため、メーカーの水素水の商品表示や、口コミなどを利用して水素水を選ぶことが必要になります。

 

 

効果が実感しにくい

結論から言いますと、水素水を一度飲んだから効果を感じられるものではありません。飲む量や個人差はありますが、2~3度飲んでも、1週間、10日飲んでも効果は感じられません。おおよそ1っヶ月以上飲み続けないと効果は感じにくいと思われます。また、老化などは35過ぎからはじまるといわれるので、10代や20代の健康の方は、なかなか効果を感じにくいです。
それでも、若い人でも日々活性酸素は発生し体内の細胞に悪影響をおこしているので、予防医学的に見れば、水素水は良いものになります。
ある程度水素水を飲み続けると、早い人で2週間。病気や炎症している方にとっては、半年ぐらい飲み続ければ効果を感じられることが多いです。

 

 

医学的に証明されていない

医学的に証明されていない

この万病の元となる活性酸素を除去する水素水は世界的に注目され、世界の研究者が研究しているので、たくさんの症状の改善報告があります。

すでに400報告でさまざまな病気やアレルギー、炎症やガンなどに効果があるとの報告があります。
しかし、水素・水素水の研究は動物実験から人への臨床段階に進みましたが、まだ全てが解明されているわけではありません。
全てを解明することは時間がかかるものですが、まだ解明されていないので、ニセ科学と言われているわけです。

 

 

記者の思い込みでニセ科学と否定しているメディアがいる

記者の思い込みでニセ科学と否定しているメディアがいる

すでに、国内や海外で、様々な事例や研究例があることを知らずに、メディアの記者自身が調べ、思い込みによって「水素水は効果なし、ニセ科学」「水素水は昔流行った●○水だった」等、自分で実験を元にデータ解析し、科学的に反論したものでなく、これまでの理論から否定的な意見を、たくさんの読者、視聴者が見るメディアを使って、間違った報道をしている時が多々あります。

 

 

 

水素水の効果と効能について

 

活性酸素の除去・還元(抗酸化作用)

例えば、外にさらしたままの鉄や釘などはそのままにすると錆びてしまいます。皮をむいたりんごも放置したままにすると茶褐色に変色してしまいます。
これは「酸化」と言われる現象なのですが、これとおなじように私たち人間の体内でも食べたものをエネルギーにするときに酸化が発生します。

 

また、人間は呼吸を10分と止めることはできません。呼吸によって酸素を取り込み、取り込んだ食べ物をエネルギーに変える時に、酸素の一部が、「活性酸素」を発生させます。
活性酸素の種類は大別すると4つあり、大きく分けると善玉活性酸素と悪玉活性酸素になります。善玉活性酸素は、細菌やウイルスに対し迎撃し戦ってくれるのですが、悪玉活性酸素は、正常な細胞に攻撃したり、DNAに攻撃したり、老化や病気、ガンの原因と言われています。

 

病気や老化の五大要因は、酸化、糖化、炎症、毒、栄養不良と言われ、活性炭素は病気の90%以上に何らかの影響を及ぼしてる言われています。

 

現在、活性酸素がもとで引き起こされた、または悪化したと考えられている、病気の研究データがあります。
活性酸素が関わる主な病気として以下の病気が上げられます。

 

 

循環器:動脈硬化、脳卒中(脳こうそく)心筋梗塞、再灌流障害

 

脳神経:パーキンソン病・脳浮腫・外傷性てんかん

 

呼吸器:慢性閉塞性肺疾患・喘息・肺気腫・呼吸窮迫

 

内分泌代謝:糖尿病・肥満・メタボリックシンドローム

 

皮膚:アドピー性皮膚炎・やけど・日光皮膚炎・しみ・しわ

 

腫瘍:がんの発生・転移、がんの化学療法と放射線療法の副作用

 

眼科:白内障.未熟児網膜症

 

消化器:肝炎・膵炎・胃潰瘍・漬瘍性大腸炎・クローン病

 

血液系:異常ヘモグロビン症・薬物性貧血・播種性血管内凝固

 

泌尿器:糸球体腎炎・薬物性腎障害

 

その他:自己免疫疾患・膠原病・リウマチ・アレルギー・花粉症・痛風・歯周病

 

 

 

まとめ

 

水素水はニセ科学のまとめ

病気や疾患は、活性酸素がきっかけになって引き起こしていると考えられています。また、最近の医療現場でも、水素水や水素ガスを用いるケースが非常に増えきています。

水素・水素水は、この悪玉活性酸素だけを除去し、除去したあとの水素は、薬と違い副作用が全くなく、ただの水になり体の外で排出されます。
そしてを除去するだけではなく、悪玉活性酸素を発生させにくい体質にするという作用があることが分かってきています。
他に、遺伝子のスイッチを調節する働きもあるようで、体質改善にも効果があるととが分かってきています。
このように水素水の効果はニセ科学ではなく、実際の研究効果などがあるにも関わらず、水素がはいっていない水素水を販売する業者がいたり、メディアや記者の薄い知識で否定記事を描いたために、世間が疑い深くなるということが、水素水をインチキ臭い商品のレッテルを貼っているのだと思います。

 

今後ますます水素水の研究が進み、「水素水はニセ科学」と思われない、誰もが認める製品になってほしいと思います。